~30代専業主夫の苦悩を徒然に~

主夫日記

*

「未分類」 一覧

妻の便秘と乳酸菌

2017/09/01   -未分類

最近、妻が便秘で苦しんでいる。僕は男だから便秘になったことはないけど、女性にはよくあることみたいだ。でも、妻も今まで便秘になったなんてことはなかったからびっくりした。

最近、妻は部署が変わって新しい部署の環境に慣れるのに苦労しているようだ。また、人間関係も全く新しくなってるから苦労が多いようだ。だから、最近は妻に家事を手伝ってもらうようなことはしていない。

 

便秘のイメージは出そうな腹痛があるのに出ない感じなのかな?これさすがにつらいだろうな。何とかしてやれないものだろうか。

 

そこで、例のごとく息子がお昼寝タイムに突入したタイミングで色々と調べてみた。便秘に効果的なものは何かないものか?正直、僕の中ではバナナくらいしか浮かんでいないもので・・・。

 

ということで調べてみると、どうやら便秘に効果があるもののキーワードは乳酸菌と食物繊維ということに落ち着いた。

 

乳酸菌はヨーグルトとかチーズのようなものを毎日食事に加えることで何とかできそうだ。しかし、問題は食物繊維か。ヨーグルトは朝ごはんに出したり飲むヨーグルトを出せば何とかなるだろう。

 

しかし、食物繊維は野菜とかに含まれているものの、妻は仕事上家でご飯をあまり食べない。そう、僕の管理が及ぶのは朝ごはんだけなのだ。しかも、朝は時間があまりないのとなかなか量を食べられない妻の体質上、トーストとヨーグルトが限界だ。

 

どうすれば良いのか・・・。お弁当を持たせるにも、食べる場所が確保できないことが多い妻はお弁当生活が合わない。週末に食事を管理させたとしても、平日の方が長いから難しい。

 

こんな事じゃいけない。何か方法を、と調べていると一つの解決法を見つけた。それがサプリメントだ。サプリメントには乳酸菌も食物繊維も入っているタイプがあるようで、妻に食後に飲んでもらうよう渡せば問題なしだ。

 

僕はここで乳酸菌の効果とサプリメントについて調べた。

 

これで津阿野体調が快方に向かってくれたら良いのだが。

マイルを貯めて夢の家族旅行へ!

2017/08/30   -未分類

妻が夏休みに入ると、旅行に行きたいねーという話をよくする。しかし、子供が小さいからなかなか行けないよねーという話になって終わることが多い。

このところについてはお互いが事情を理解しているから寂しいとかはない。でも、息子が大きくなったら旅行に連れていてあげたいし、飛行機にも載せてやりたい気持ちがある。

 

そのために何とかできる方法はないかなーと思っていると、マイルを貯めるしかないよなーって思えてくる。でも、僕はなかなかマイルを貯めることができないし、どうしよう。

 

そう思いつつJALのサイトを見ていると、JALカードにASuicaの機能が付いたJALカードSuicaなるものがあるじゃないか。

 

妻は通勤で電車を使うし、出張も比較的多いからうまくいけばマイルが貯まりやすいんじゃなかろうか。これは妻と要相談だな。

 

その晩妻に相談してみると快く答えてくれた。むしろ、数年後の家族旅行に胸躍らせているようだった。妻のこういう所に惹かれたんだろうなという感情を思い出した。

 

しかし、ここで妻から提案があった。せっかくカードを作るんならお得な方法で作りたくない?というものだった。

 

何でも、妻の同僚に旅行好きかつマイルを貯めまくっている人がいるらしく、相談したいとのことだった。

この話には僕の方が二つ返事だった。

 

数日後、妻から回答があった。どうやら、ポイントサイトを上手く使うことでマイルを最初からたくさんもらえるようになるようだ。

 

いくつか調べていると、確かにそうした方法があるようだ。これを上手く活用することでマイルをもらえるのは魅力的だ。

 

と言うことで、僕はJALカードSuicaをお得に作れる方法を探した。その結果、一番良さそうな方法に行きついた。

 

JALカードSuicaをお得に作る方法はここを参考にした。

 

この方法でマイルを貯め、夢の親子旅行に行く日が楽しみだ。

子供の視力について

2017/06/27   -未分類

最近、子供は車の映像を見るのがお気に入りだ。スポーツカーはもちろんのこと、救急車や消防車といった職業車からバスやトラックといったものまで幅広く好きなようだ。

男の子だし、車か電車にハマるのは当然だと思うし、僕自身も息子くらいの年の時は車に夢中だった。

 

ただ、忙しいと車を身に散歩に行けないことも多く、最近はYoutubeを使って車の動画を見せたりしている。この辺りは便利な世の中になったものだ。昔は直接外に出るかビデオを買わなければならかったもんなー。

 

しかし、映像を見せていると心配になるのは子供の視力の問題である。昔はテレビに近づき過ぎないように線を引いて管理されたものだが、最近はスマホやタブレットがあるから管理にも限界がある。

 

興味を持ってくれていることや熱心なことには全く気にしていないのだが、やはり子供の目を守ってやりたい気持ちは当然ある。

 

わんぱく盛りの時期に眼鏡をかけるのは危険も増えるし、鬱陶しさも感じることだろう。

ある程度の年齢までは裸眼過ごせるようにしてあげたい親心があるのだ。

 

子どもが昼寝した頃、何か良い方法がないか、対策はないかを調べてみた。すると、子供の視力回復に関する情報を見つけることが出来た。

 

子供の視力回復に関する情報はこのサイトを参考にしている

 

現代において視力の低下は避けられないものであることは覚悟している。でも、その時期やタイミングを出来るだけ遅くしてあげたい。そんな気持ちも知らずに息子は今日も車に夢中なのであった。

続・主夫、株に興味を持つ

2017/06/01   -未分類

以前、株式投資について興味を持っていたことはブログに書いたとおりである。しかし、その熱がなかなか冷めない。

 

これは本気で株式投資をやるかどうか検討する時期に差し掛かったのではないだろうか。まずは条件を確認してみよう。

妻とはひとつの大きな約束がある。妻が仕事を続ける代わり、僕もひとつ好きなことをやってもいいというものだ。

 

前も株式投資に興味を持った時に使うかどうか考えたが、今回こそ使い時じゃないだろうか。この約束を使うには絶好の機会だ。

 

次に、僕の貯蓄がどれくらいあるのか、というもの。これに関しては独身時代の貯蓄があるからそんなに問題はない。何かあった時のために残してあるお金があるのだが、これも妻に存在と共に使用許可も出ているものだ。

 

ここまで条件が揃っていれば、あとはどこの投資塾を選ぶのか、というものである。友人が使っていた投資塾を参考にするのも良いが、自分で探してみたい思いもある。

 

せっかくやるなら株式投資がいいな、と考えていたのもあり、株式投資スクールを探すことにした。

 

そこで、子供たちが昼寝している間に株式投資スクールについて調べてみることにした。

投資といっても種類が結構あるだろうし、どの投資が僕に合っているのかも検討したかった。

 

思えば、こんなに真剣に自分のことを考えるのって久しぶりだな。今の生活が不満ってわけじゃないし、妻を支えながら子供たちとの日々には満足している。

 

でも、どこかで自分を試したい思いが残ってるんだろうな。僕も男だということか。(笑)

 

投資と言ってもスクールを検索するとたくさん出てくる。本当にたくさん出てくる。困ったものだ。どれもよさそうに見えてくるんだもの。

 

そんな迷いを抱えていた時、ひとつ面白いサイトを見つけた。株式投資スクールを比較紹介してくれているサイトだ。

 

僕はここで株式投資スクールを比較検討している。

 

まだこれだ!という決定は出来ていないが、たくさんの株式投資スクールを比較検討できるのは大きい。

 

思い立ったが吉日と言うけど、こればかりは急いでいるわけではないので妻と相談しながら決めることにしようかな。

 

僕の学生再デビューも近い・・・かもしれない。

主夫の格安スマホ

2017/03/23   -未分類

家計を任される身として、毎月の費用に敏感になる。その中でも携帯電話代は気になるところだ。

 

現在、我が家の携帯電話は3台。うち1台は妻の会社用の携帯電話なので、実際にうちで支払っているのは2台だ。

昔はパケット定額がなかったので2万円くらい払うこともあったが、大体6,000円程度だったように思う。

 

しかし、現在は一人10,000円程度もかかってしまう時代である。技術の進歩は同時に生活を苦しめることにもなるのかな・・・。

 

スマホ自体を使うのは妻の方が圧倒的に多いし、プランは変えなくてもよさそうである。

そうなると、見直すべきなのは僕のほうかな?

 

主夫はスマホを使うと言っても、ネットはパソコンで対応できるし、電話を掛けることもそんなに多くはない。

 

しかし、電話とメール機能だけがあれば良いっていうもんでもない。最近はスーパーや薬局でもアプリを活用することで割引の恩恵を受けることができるし、ママ友や友人とのやり取りはLINEが主流だ。

 

そう思うと、スマホは持っておきたいところ。そうなると格安スマホを考えることになってくる。最近いくつもの会社がCMでPRしてるし、選択肢は多そうだ。

 

しかし困った。周りはみんなソフトバンクとかauを使っているから評判を聞くことが難しいし、僕自身もずっとdocomoにお世話になっている。

 

これはネットの世界に助けを求める必要があるのかもしれないな。と言うことで、いつも通り息子のお昼寝時間にパソコンと対峙した。

 

色々と比較サイトはあるのだが、有名どころをまとめてくれているサイトが良いなー。

 

そこで見つけたのがこのサイト。

 

ちょうど検討したい会社の比較をしてくれているし、なかなかいい感じ。これまでもdocomoを使い続けているし、やっぱり選ぶならmineoあたりを検討してみようかな。

 

うーん、でもやっぱり格安スマホに変えるには店舗に行ったり契約変更とかで時間がかかる。それだけが唯一のネックになるんだよな。

 

家計のためとはいえ、スマホの料金削減に頼るだけはダメだな。日々の買い物とか、妻のビール代とかを減らすように交渉するか。

主夫のアルバイト

2017/03/16   -未分類

子供が小学校くらいに成長したら、仕事に復帰したいなーと考えることがある。今の生活に退屈しているわけではないが、自分の見識や視野が狭くなっている気がする。

 

やっぱりニュースや新聞を読んでいるだけじゃなく、多くの人と関わる形で刺激を受けるって大事なんだよなー。

来年には子供も幼稚園に入ることだし、アルバイトとかパートでの仕事探してみようかなー。

 

当初は子供を保育園に預け、妻も僕も働こうかという話も出ていた。しかし、それは僕が拒んだのだ。

 

僕は幼いころは裕福な方ではなく、父はもちろん、母もパートやアルバイトで家にあまりいなかった。生活のためだったので、もちろん両親を恨む気はないし、むしろ感謝している。

でも、心のどこかに寂しさも覚えていたのも事実だった。

 

我が子には出来るだけそんな寂しさを感じて欲しくない、僕が本能的に感じていたことだ。だからこそ、せめて子供が幼稚園に通うようになってから働くことを考えようと思っている。

 

しかし、今のパート・アルバイト事情ってどんな感じなんだろう。僕らの時代は、直接店の張り紙を見たり、タウンワークの無料雑誌とかで探すことが多かった。

 

でも最近はネットで簡単にアルバイトを探せるんだから、便利な時代になったもんだ。

CMでやってるから、僕でも知ってた。

 

実際に働くのは少し先だけど、長期で働きたいからなー。僕の要望をかなえてくれるサイトを探すことが大切だ。

 

久々の就活もどき。この長期ブランクを何とかして埋めなければ。履歴書とかも書かないといけなし。

 

そんな時、参考になるサイトを発見した。

 

僕が参考にしたサイトはここです。

 

そういえば履歴書ってこんな風に書いてたなー。写真とかはアルバイトだし、スピード撮影のでも構わないか。

 

せっかくだし、今までのアルバイトとか正社員時代にやったことのない仕事とか業界が良いなー。

 

就職活動の時は絶対どこかに入らなきゃ!って脅迫観念みたいなのがあったけど、今はものすごく気楽に探せているのは、これがアルバイトだからなのか?

 

数年先の社会復帰、僕の大きな転換期は近い・・・かも。

主夫+英語=英会話教室!?

2017/03/10   -未分類

株に手を出してみようかとも思ったが、やっぱり英語も良いなー。僕の通っていた大学の研究室では参考文献や論文は英語だったため、読み書きに関してはそれなりに出来る方だと思う。

しかし、いかんせん発音が上手くないのだ・・・。カタカナ発音でそれなりに突破してきたが、海外で論文発表とかをした時には心臓が飛び出そうだった。

 

そんなトラウマを払拭したい気持ちがどこかにあったのかもしれない。今日も子どもが昼寝をしたタイミングでパソコンと対峙しだした。

 

やっぱり英語を学ぶには留学だよなー。でも留学って高いよなー、なんて思っていた時、気になるサイトを見つけた。

 

2か月の留学で、場所はフィリピンなのだが・・・安いな!これ安いな!留学と言えばかなりの大金が必要なイメージがある。飛行機代だけでもばかにならない。

 

そんな留学を10万円以内で押さえられるのならでかいなー。

 

この情報はここで見つけました。

 

でも今は子供がまだ幼いし、家を空けることができない。もし出来るなら、子供と2人で行ってみたいなー。

 

妻は生粋の日本好きである。海外旅行は何度か行ったことがあるものの、どうしても海外の食事が合わないらしい。お腹も下したことがあるなんて言われたら、気軽に行こうなんて誘えない。

 

でもグローバル化の著しい昨今の世の中である。子供には英語をマスターしてもらいたい気持ちもある。

 

子供と一緒に行って親子でペラペラになって、帰ってきてから自宅で英語教室でも開くことが出来たら万々歳だなー。

 

んー・・・ゴールを考えれば夢のある話だけど、そのためのハードルが高いか。

 

でもせっかくだし、妻への企画書と銘打ってスケジュールでも起こしてみるか。思い立ったがが吉日とはまさにこのことだな。

 

妻が言いそうなことは分かる。子供が日本語を覚えてからにして!家で日本語が使えないのは寂しすぎる、というのがね。

 

それは僕も同意見だし、この企画は3年後の実現を目指した長期戦かな。そのためにも株で稼いでやるか笑

主夫、株に興味を持つ

2017/03/02   -未分類

最近、息子の生活リズムが一定になってきた。妻が仕事に出るのは8時ごろなのだが、7時ごろに一緒に目覚めてお見送りをする。

 

合間の時間は遊んだりテレビを見たりしているので、僕も一緒になりながら家事をこなす。

最近は10時くらいからと2時くらいから1時間程度の昼寝をするのが日課だ。

最初はこの時間で一気に家事をこなしていたのだが、僕自身のスキルも上がったせいか時間に余裕が出来てきた。

 

せっかくだし何か新しいことやってみたいなー、と思ったので家でできることを考えてみる。

 

何か勉強でもするかなー。英会話は使うタイミングもないし、歴史系の勉強をしても趣味の範囲にしかならないし・・・。せっかくなら生活に役立つものがいいなと考えていた。

 

そんな時に、働いていた時の同僚の話を思い出した。彼は独身だったが、いつでも結婚できるように資金運用をしているという男だった。

 

今考えるとやるべき順序が違う気もするが、それが彼の美学だったんだろうと思うことに。

彼は資産運用の一環として株取引を行っていた。

 

その時は株取引か、難しそうなことしてるなーという軽い印象だった。だが、今になって興味が湧いてきた。

 

株取引はうまくいけばお金も入ってくるし、子供の教育費用や家族団らんの費用を稼げるかもしれない。株で市場の事もわかるし、それを通じて世の中の事を理解できるかも!

 

でも全くの素人だし、勉強するのにもどうすれば良いのか分からないなー。不安もありつつ調べていると、投資塾というものを見つけた。

 

運営者は尾崎さんと言う人らしい。どっかで聞いたような・・・。あっ、さっきの同僚が参考にしている本って言いながら見せてくれたテキストの著者だ!

 

自分でもよく覚えていたなーと思うが、彼が何度も名前を連呼していたから耳タコで覚えてしまっていたのだ。

 

その時見ていた投資塾「尾崎塾」はこちら

 

どうやらテキストをPDFで配信してくれるらしいし、主夫の空き時間に使うのはぴったりじゃないのか??

 

まあ、投資はも元本となるお金が必要だし、実際にやるかどうかは妻と要相談だ。

でも絶対にOKを貰える自信がある。

 

これまで妻の要望はすべて叶えているが、その都度、僕がやりたいことが出来たらやらせてくれるという約束があるからだ。

 

何だか久しぶりの感覚にワクワクしてきた。株取引の妄想しながら晩御飯の買い出しに行こうかな。

夫に内緒での借金疑惑

2017/02/28   -未分類

妻に限ってそんなことはない。僕はそう考えている。

妻は仕事で忙しいものの、僕の知っている人が多い職場で働いているし、昔からの仲の友人も同僚の職場だ。

 

彼らには妻の様子がおかしかったらすぐに教えてもらうよう言ってあるし、僕の実情を知っている彼らがためらうことはない。

通帳含めお金の管理は僕の担当だし。

とはいうものの、口座は個人で自由に作ることができるし、消費者金融からお金を借りることなんて何ら難しいことではない。

もしも妻がそんなことをしていたら・・・。

 

こんな風に思うのも、実はご近所さんからとある夫婦の噂話を聞いたからだ。

その奥さんは噂話を仕入させたらこの近辺で右に出る者はいない。噂話の猛者だ。

 

その奥さんから聞いたのだが、とある夫婦が浮気と借金で崩壊した話だ。

その夫婦は結婚当初はそれこそ仲睦まじい様子だったそうだが、3年経過したあたりから様子がおかしくなったらしい。

 

旦那さんの方が仕事で認められだして忙しくなり、帰りが遅くなりがちになっていた。

奥さんは寂しかったのだろう、昼間に浮気をするようになっていたそうな。

 

しかし、専業主婦だった奥さんには自由に使えるお金がそこまでない。そこで、奥さんは消費者金融で借金しては浮気相手に貢いでいたそうな。

 

旦那さんが借用書を見つけたことがきっかけで浮気も発覚。結果、2人は離婚したそうです。

最初はこの話を他人事のように聞いていたが、最近の家事に非協力的な妻の姿を見ていると、急に心配になってきた。

 

僕は心配性である。それ故、妻名義の借用書がないかを探してみた。カバンの中も、机の中も。結果、見つからなくてホッとした。

 

しかし、安心はできない。自分の責任じゃない借金は負いたくはない。将来のためにも、子供のためにも借金に関する知識を身に付けておこう。

 

色々調べていると、借金には返済義務のない場合があることが分かった。条件はいくつかあるようだが、これは知っていて損はないようだ。

 

借金返済の時効に関する情報はここから学びました!

 

この情報を知ったとして、僕には何の得があったんだろうか・・・。今回は完全に心を安定させるに過ぎない状況だったと思う。

 

実際、妻は隠し事ができない性格だし、浮気や借金なんかしていたら顔に出ているし。

疑ってしまってごめんなさい。

専業主夫だって苦しいんだ

2017/02/23   -未分類

平日のこんな時間にブログを投稿できているということ

そう、僕はいわゆる主夫だ。                  

ネットではこんな状態をヒモと呼ばれることがあるが、そんなに気にはしない。

結婚する前まではもちろん普通に企業で働いていた。

妻との出会いは取引先相手という、ありがちなものだ。

お互いが上司も巻き込んだ大きなプロジェクトの前線に初めて立つ取引で

ガチガチの状態での出会いはお見合い以外ではあまりないだろう。

 

そこで意気投合して付き合うことになり、結婚したわけである。

ここまでは普通の夫婦とは何ら変わりがなかったのだが

子供ができた時に状況が一変した。

 

妻が急に話があると言い出したので、何事かと思った。

悪いことしたかな、と脳みそが仕事以上にフル回転したものだ。

 

それは杞憂に終わるのだが、別の意味で脳をフル回転させることとなった。

妻は今の仕事が夢であったらしく、子供ができても働き続けたいとのことだった。

 

その話は僕自身も結婚前から知っていたことだし、反対する理由もなかった。

しかし、子供のことを考えると、やはりどちらかが妥協しなければならなかった。

 

2人の収入はそんなに差がない。恐らく、生涯賃金で考えても差はさほどないだろう。

正直言うと、僕も仕事を辞めたくはなかった。

しかし、妻と子供を守りたいとの気持ちが強かった。

 

収入面で自分の方が圧倒的に多そうなら強く出られたかもしれないが

それは今さら考えても仕方ない。

少し悩んだが、主夫になるのを受け入れる決意をした。これが2年前の話である。

 

僕は大学時代から一人暮らしをしていたのもあり

家事全般についてはそれなりにこなせる力量は備えていた。

大きな声では言えないが、妻よりも家事はできると思っている。

 

妻には条件をいくつか提示した。

家事をやってもらって当然と思わないこと

できる時には家事を手伝うこと

仕事が忙しいからというのを言い訳にしないこと、などだったと思う。

他にもいくつか言ったが、今となってはむなしく響くだけだ。

 

当初こそできるだけ早く帰ってくる努力をして、家事に協力してくれたり

子供と遊んだりしていた。しかし、そんな暮らしも3か月が限界だった。

 

段々と帰りが遅くなり、家事は僕が全て行うようになった。

そして、忙しいんだからいいじゃないと言うようになった。

何一つ約束を守ってくれない。

 

男社会の業界で働くことは立派だと思うが

家でも昔の亭主関白みたいなものではいただけない。

それではただのわがままだ。

 

だからと言って、簡単に離婚なんて言いたくはないし、子供を守りたい。

妻の気持ち次第では、とも思うがそんな資金や活動ができる状況でもない。

 

何とかならないものかと思いつつ、このもやもやを晴らしたいと思って

このブログを書き始めた。

 

僕がこれからどんな行動を起こすのか、どう家族が変わっていくのか

結果は僕にも分からない。

 

でも気持ちは少し楽になったかもしれない。

しばらくはこのブログを続けていこうと思う。

Copyright© 主夫日記 , 2017 AllRights Reserved.